新富町のしごと

アートとは程遠いような地域の暮らしにも、実はアートが内包されている。甲斐さんは独自の視座・視点で地方の農業や暮らしを見つめながら、そんな思いを描き伝えようとしています。アートの視点から地方の魅力を捉え、編集し発信する。まずは宮崎県新富町でその実証実験ともいうべきチャレンジへ一歩踏み出しています。

■プロフィール
1981年、宮崎県日向市出身。幼少期から絵を描くことが好きで、大学では油絵を専攻。卒業後は福祉や教育、農業に関わる仕事に従事しつつ、2020年より九州大学大学院芸術工学府 緑地保全研究室に研究生として所属。里地・里山や緑地の保全活動等に関わりながら、地方や地域のアート性、内包アートの表現や発信を模索した。2021年4月より新富町地域おこし協力隊に着任し、こゆ財団でアートプロジェクト事業を担当する。

 

「アート=美術」を脱却したら、アートの概念が一変!