新富町のしごと

※宮崎県児湯郡新富町の小学6年生からの質問をもとに、町のキーパーソンを取材しました(2020年9月)。

森 哲也さん(『森緑園』代表)

◎新富町日置地区でビニールハウスによるライチ栽培に取り組む生産農家。地域商社 こゆ財団とともに、糖度15度以上、サイズ50グラム以上の厳選した国産生ライチを1粒1000円の「新富ライチ」としてブランディングしました。

Q1.なぜライチを作ろうと思ったのですか?

A.そのおいしさに衝撃を受けたから。
父親が栽培した生ライチを食べて、こんなにおいしいものがあるのか!と衝撃を受けました。当時は洋ラン栽培をしていましたが競争相手が多く、高く売れなくなっていました。その点ライチは競争相手がいなかったので、おいしいものを作ればNo.1になれると思いました。

Q2.ライチ栽培で工夫していることは?

A.温度・土・肥料。
ライチ栽培だけでなく、農業では栽培品目にあった環境づくりが大切です。

Q3.作っているときに、一番楽しいと思うことは?

A.たくさん実がついたとき。
実が赤いライチ色に色づいてきたときも、うれしくなりますね。

Q4.ライチを使った加工品はありますか?

A.人気は「新富ライチゼリー」
現在ライチゼリーをメインに製造中で、今後も新富ライチの特徴をしっかり味わえる商品を作っていく予定です。

Q5.その他ライチを使用した加工品は?

A.次の4種類があります
・楊貴妃ライチトリュフチョコ
・楊貴妃ライチビール
・楊貴妃ライチボディクリーム
・新富ライチティー(3種)

Q6.一番たくさんライチを売り上げたのはいつ?

A.毎年増えています。
木や栽培面積を増やし、経験も積み重ねているので、毎年少しずつ売り上げは伸びています。

Q7.ライチ栽培で一番大変だったことは?

A.ライチの特性をつかむこと。
競争相手がいない、栽培された実績がないということは、栽培方法のマニュアルがないということ。マンゴー栽培の手法を取り入れたり、どうやったらおいしいライチが作れるか試行錯誤で栽培してきました。また、栽培の前例が少ないので、他の野菜や果物のように使用可能な農薬が登録されておらず、使える農薬がないことも大変なことの一つです。

Q8.ライチができるまでにかかった費用はどのくらい?

A.ばく大!
…としか言いようがありません。収入が得られるようになるまで7年かかりました。

Q9.ライチにつく病気はありますか?

A.カイガラムシなど。
病気はあまり多くありません。カイガラムシがつくと幹から樹液を吸います。使える農薬がないので、手で取り除くなど作業が大変です。

Q10.農園では何人働いている?

A.家族とパートさんの8人。
収穫等でいそがしい時期は、臨時のパートさんを4〜5人増やして対応しています。

Q11.ライチを育てているハウスの温度は?

A.結構幅があり、5℃〜38℃まで変動します。
夏は温度が上がり過ぎないように風通しを良くし、冬は寒さもしっかり感じさせることで、春にたくさん花がつきます(寒さという衝撃で生命の危機を感じ、木は花をつけます)。

Q12.ライチの最高の金額は?

A.1粒1000円。
糖度(甘さの程度)15度、サイズ50g以上のものだけ「新富ライチ」として1粒1000円という価格で販売していて、これが最高額です。

Q13.どんなことを大切にして栽培している?

A.「木」の健康
大きな実をつけ、実が甘くなるには、ライチの「木」が健康で体力があることが欠かせません。

Q14.ライチを世に広めるために、どんなことをしている?

A.テレビ出演、こゆ財団のSNSで情報発信。
地方のテレビや新聞などの取材は受けていますが、全国版はまだ。チャンスがあれば全国放送でも取り上げてもらいたいです。また、こゆ財団がSNS等で情報発信してくれています。

Q15.「ここは絶対負けない!」というところは?

A.「おいしさ」と「美しさ」
収穫期にライチを食べると、そのおいしさに毎年衝撃を受けています。以前は洋ラン栽培をしていたからか、箱詰めや出荷する時には見た目の美しさにもこだわっています。

Q16.ご自身のライチに対する夢は?

A.ギネスに載ること!
ギネスに載っているライチの重さ92グラムに対し、うちのこれまでの最大果実は80グラム。世界一大きいライチにチャレンジしてギネスの記録更新をしてみたいですね。

Q17.ライチを作り始めた頃の苦労と、現在の苦労を教えてください。

A.植えて7年収入なし!
ライチを売ってお金になるまでに、7年かかりました。だから、ライチに関しては植えて7年収入なし(もちろん他の作物で多少の収入あり)。その間、いつからお金になるか不安でした。現在の苦労は、つねに先へ先へと進み続けていくために周囲との関係、協力体制を維持していくことです。

Q18.ほかの生産者さんをまねして学んだことは?

A.マンゴーの栽培方法を応用。
マンゴーの栽培方法をライチに応用しました。最近、それではうまくいかないことも出てきたので改良が必要かもしれません。

Q19.災害(地震・台風など)で大変なことや困ることは?

A.木が倒れないようにすること。
強風で木が倒れないよう、ネットを張ったりして被害を最小限にします。

Q20.ライチをつくる工程で一番お金をかけていることは?

A.樹齢を重ねていくこと。
木を大切に育て樹齢を重ねていくことが、大きくておいしいライチづくりには一番大切。木の成長こそ財産です。

Q21.害虫や動物による被害は?

A.カイガラムシの被害
カイガラムシは木について樹液を吸います。農薬が使えないのでできるだけ手で取り除いています。

Q22.ライチを広めるための活動で、一番影響があったものは?

A.ふるさと納税
全国から注文がもらえるようになりました。リピーターも多く、ありがたいです。

Q23.世界でライチがどのように思われたい?

A.新富ライチを生で味わって、おいしいと感じてもらいたい。
生ライチの輸出はハードルが高いので厳しいですが。。。

Q24.なぜ「1粒1000円」という値段設定にしたの?

A.希少価値が高いから。
1年間をかけて栽培していること。1本の木から収穫できる1玉50g以上のライチの割合を考えて1000円にしています。

Q25.ライチの賞味期限は何日くらい?

A.できるだけ早く食べて!
生の場合、乾燥しやすいし変色しやすいのでできるだけ早く食べてほしいです。すぐに食べられない時は冷凍してもOK。1〜2時間だけ冷凍庫に入れてシャーベット状で食べるとすごくおいしいです!

Q26.ライチに一番多く含まれている栄養素は?

A.葉酸
細胞分裂など体の発育に必要な葉酸という栄養素が豊富です。特に胎児にとって重要なビタミンなので、妊婦さんにおすすめです。

Q27.1日にどのくらい収穫できる?

A.100キロくらい
収穫から磨いて箱詰め、出荷と、最盛期はとても忙しいです。

Q28.ライチの木の平均寿命は?

A.(中国の文献によると)約100年と言われています。
幼木期が30年、樹齢100年の木もあるそうです。

 

*これは令和2年度地方創生交付金事業 新富町「学び舎再生事業」の一環で行い、今後子どもたちの学習活動に利活用していくものです。